えいよう豆知識

健康寿命を考える

健康寿命を考える。

健康寿命とは?

最近、テレビなどで良く見聞きする「健康寿命」という言葉。
日本人の平均寿命は、男性が80.21歳、女性が86.61歳。「健康寿命」とは、この「平均寿命」のうち、健康上の問題がなく日常生活を制限なく送ることができる期間のことで、男性が71.19歳、女性が74.21歳といわれています。健康寿命から平均寿命に至るまでの期間は、介護など人の助けが必要になってきます。

平均寿命と健康寿命の差

※平均寿命・健康寿命は2014年厚生労働省公表資料に基づく。

自らの足で歩き、自らの意思で行動する。

人生の最後まで、自らの足で歩き、自らの意思で行動したいというのは、誰しもが持っている希望です。
医療の進歩で「平均寿命」が延びても、不摂生な生活習慣を送っていると、老後に不自由な生活を長く送ることになってしまいかねません。
「健康寿命」を延ばすためには、早い時期から健康な生活習慣を確立して、体のメンテナンスや健康維持、疾病への予防の意識を持つことが大切な時代になってきました。

要支援・要介護が必要となった主な要因

※厚生労働省「平成22年国民生活基礎調査の概況」より作図

要支援状態になった原因の第一位は「関節疾患」です。
毎日少しづつでも運動することは「健康寿命」にとって、とても大切です。
要介護状態になった原因では「脳血管疾患」「認知症」の割合が高くなっています。

健康寿命を延ばすための3つのアクション

厚生労働省では、「健康寿命をのばしましょう。」をスローガンに、国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした国民運動を行っています。運動、食生活、禁煙の3分野を中心に、具体的なアクションの呼びかけを行っています。

健康寿命を延ばすための、3つのアクション

【運 動】
例えば、通勤時。苦しくならない程度のはや歩き。それは、立派な運動になります。1日10分間の運動習慣で健康寿命をのばしましょう。

【食生活】
日本人は1日平均280gの野菜をとっています。1日にあとプラス70gの野菜を食べること、朝食をしっかり食べることで健康寿命をのばしましょう。

【禁 煙】
タバコを吸うことは健康を損なうだけでなく、肌の美しさや若々しさを失うことにも繋がります。タバコをやめて健康寿命をのばしましょう。

※厚生労働省「スマート・ライフ・プロジェクト」より
http://www.smartlife.go.jp/

終わりに

人生の最後まで、自らの足で歩き、自らの意思で行動する。
定年後のセカンドライフを長く充実したものにするために、「健康寿命」について考え、行動してみませんか?

サプリメントや健康食品は、普段の食生活からでは補いきれない栄養素を手軽に補うことができますので、ご自身の生活習慣にあわせて効率よく摂取することをおすすめしています。

- 野菜不足の方に

1包でトマト1個分以上の食物繊維のほか、植物由来の乳酸菌、また、18種類のアミノ酸や各種ビタミン・ミネラルなど豊富な栄養素がギュッと詰まった青汁です。

「青汁みらい」はこちら

青汁みらい

- 魚嫌いの方に

DHA・EPAはオメガ3系脂肪酸で、サラサラ成分として、もの忘れが気になる方や、生活習慣を改善したい方におすすめの成分です。青魚に多く含まれるDHA・EPAを1日目安量3粒で約402mgしっかり摂ることができます。

「DHA&EPA+サチャインチ」はこちら

- ふしぶしのお悩みに

運動するには、ふしぶしが気になる・・・という方に。古くから痛みとりハーブとして珍重されてきた幻のハーブ「キャッツクロウ」が、ふしぶしのお悩みをサポートします。

「キャッツクロウスカット」はこちら

キャッツクロウスカット


初回限定お試し商品

定期お届けサービス

出荷カレンダー
  • 今日
  • 出荷作業お休み
  • 臨時休業

ページトップへ