マカについて

マカとは?

マカとは?
マカの歴史の始まりは数千年前にも遡ります。

マカは、数千年前「トンシュク」という原住民により見出され、アンデス高地に住む民の貴重な滋養食として伝承されてきました。

リマからマカの栽培地ボンボン高原へは、文明の発展した今でも整備が整っているとは決して言えない山道を車で約7時間走り、やっと辿り着く事が出来ます。

マカの故郷ボンボン高原の標高は4000mを超えます。
※富士山標高:3776m

強い日差しと空気が薄く寒暖の差の激しい環境の中で、ボンボン高原に住む人達にとってマカがどれほど貴重な滋養食だったか。マカは、根の部分が野菜のカブのような形をしています。

太陽の日差しを浴び、大地の栄養をしっかり吸収して育つマカは、
アミノ酸、ミネラル、ビタミンなどの栄養分を多く含み、「アンデス薬草の女王」と呼ばれています。
東京で普段生活をしているため、ボンボン高原では少し動いただけでも息苦しさを感じます。

出荷カレンダー
  • 今日
  • 出荷作業お休み
  • 臨時休業

ページトップへ